近頃カニ好きな人の間で「花咲ガニ」という名前の蟹の需要が高まっています。この花咲ガニの8割くらいを水揚する北海道は根室に、話題の花咲ガニを楽しもうという旅もあるのです。
花咲ガニに関しては漁期の期間が短く(初夏のあたりから晩夏のあたり)、いわゆるその旬限定の蟹の代表的なものなので、口にしたことがないという人も多いのではないでしょうか。
一般的に毛ガニは、甲羅の長さが10〜12cmくらいの特に大きくないカニで、漁獲が始められた時は紫色と同様の褐色なのだが、ゆでた後には美しい赤色に変化してしまうのです。
ズワイガニとは、水深300m付近の深海で占住し、観光地の多い山口県からカナダ近郊まで至る所で捕獲される、でっかくて食べた時の充足感のある食用カニです。
毛ガニときたらなんといっても北海道。水揚・直送の良質な毛ガニをインターネットなどの通信販売で届けてもらってほおばるのが、このシーズンには絶対はずせないという人が多数いるはずです。

あの毛ガニを通信販売を使って手に入れたい、そんなときに「大きさについて」、「活きのもの・浜茹でのもの」の項目はどうやって決めたらいいのか途方にくれてしまう方もいらっしゃるのではないですか。
食卓に出されるほぼすべてのタラバガニはロシア原産で、おおかたオホーツク海などに生きており、有名な稚内港に陸揚げされ、その地より色々な所へ移送されているわけです。
観光地が有名な北海道の毛ガニのダシが効いている甘さ、こってりとした蟹味噌の味と口当たりの良い舌触りを堪能した後の最後は何と言っても甲羅酒をおすすめします。毛ガニなら満足すること請け合います。
花咲ガニはあまり獲れないため、卸売市場でも高い買値となるのが常です。通販なら値が下がるとは言いづらい値段ですが、ぐんと低価でお取り寄せできる販売店もございます。
風味豊かなかに飯の誕生したところであることが周知の北海道・長万部産のものは、北海道産の毛ガニでも覇者だそうです。通販で毛ガニを手に入れて季節限定のグルメを思う存分楽しみましょう。

浜茹でが施された蟹だと身が縮小されることもなく、海水の塩分とカニの味がしっくりと適応する感じで、その他に何もしなくても特徴ある毛ガニの味を満足出来るまで頂く事が出来るでしょう。
水揚の場では体躯は茶色をしている花咲ガニ、ボイルすると赤く色づき、花が開いたときみたいな風貌になるというのがあって、花咲ガニの名前の由来になったというのが一般的な説だそうです。
ワタリガニといえば、甲羅がゴツゴツでずっしりとくる身のものが厳選する場合の重要点。ボイルもおすすめだが、芳しく焼いたり蒸してもたまらない。身にコクがある事から、いろんな鍋に最高です。
メスのワタリガニは、冬期〜春期の頃には生殖腺が成熟し、お腹の部分にたまごを蓄えるのです。豪華なたまごも味わう事が出来る味がはっきりとしたメスはすごく旨いです。
冬と言えばカニがおすすめの季節に間違いありませんが、山陰地方で生息している松葉ガニと同等以上なのが瀬戸内海産の美味なワタリガニです。正しくはガザミとつけられていて、今日では瀬戸内で名高いカニと語られています。