最近はカニマニアの中であの「花咲ガニ」への興味が集まっています。おおよそ8割もの花咲ガニの水揚がある北海道の根室まで出向いて、水揚された花咲ガニを食べようというツアーの募集もあるほどです。
花咲ガニはおいしいのですが水揚が短期のみで(5月〜8月)、いわゆる短い旬の間のみの特別な味覚ですから、食べるチャンスがなかったという人も多いのでは。
元気なワタリガニをボイルする時に、急いで熱湯に投げ入れると自ら脚を切り自らを傷つけてしまう為、水から煮るか、脚を固定してからボイルする方法がよろしいのです。
私は蟹が大・大・大好きで、今年、またカニのネット通販から新鮮な毛ガニやズワイガニをオーダーしています。現在が楽しめる時期なので、早め早めの予約がベストだし絶対お得に手に入れることができます。
卵のある雌のワタリガニの方が、通常の雄よりも一級品です。美味しい胸の身の部位や新鮮なミソの部分に関しては、雄と雌に考えていたほどの開きは感じ取れませんが、卵は最高で味わい深いです。

旨いワタリガニは、カニ下目の内のワタリガニ科に類するカニの総じた名前で、日本においては食べられているガザミや六角形のような形のタイワンガザミを初めとする、種類の多いガザミ属を示す称呼とされています。
「日本海産は優れている」、「日本海産はオツな味」という考えは否めませんが、北米カナダの沿岸海域、春に流氷が起こる事があるオホーツク海、北極海と連なっているベーリング海もズワイガニにとっては「棲みやすい海」と言われています。
嬉しいことにタラバガニに舌鼓を打つ時期となりました。美味しいタラバガニを通信販売でお取寄せしようと思い付いてサイトを探っている方も多いのではありませんか。
もしできればブランド志向のカニを購入したいと言う場合やカニの一番美味しいときに「存分に楽しみたい」そんな方にとっては、通信販売のお取り寄せが一押しです。
毛ガニ自体は、観光地が多い北海道では食卓にも良く出るカニなのです。胴体にたくさん空間がないくらい入っている身や甲羅の内側のうまいカニみそを何としても心ゆくまで味わってほしいと感じます。

ここのところ高評価で絶品のワタリガニとなっている事から、安心なカニ通販などでもオーダーが多く、産地から遠く離れた人でも楽しんでいただくことが夢ではなくなったわけです。
姿そのままの最高の花咲ガニをお取り寄せしたあと、さばく処理のとき手など怪我をすることを想定して、軍手や厚手の手袋を用意して使ったほうが怪我の予防になります。
ワタリガニというと、甲羅が硬くてずっしりくるものが選別する時のポイント。塩ゆでしてみてもおすすめだが、焼ガニや熱々の蒸しガニでもいい味だ。旨みのある身は辛さが際立つカルビスープなどにマッチすること請け合い。
大好きな毛ガニ、いざ通販で買いたいと考えても「適量の大きさ」、「活き・茹で済み」をどのように選ぶべきかわからなくて困っている方もおられるのではないでしょうか。
通称名が「がざみ」と言われる格別なワタリガニはスイスイ泳ぎますし、シーズンによって居場所を変えます。水温が低下し甲羅が強くなり、身入りの良い12月手前から5月手前までが旬とされている。