冬とはカニが美味な時節となりますが、山陰で水揚げされる松葉ガニに並んで有名なのが瀬戸内海産の美味いワタリガニです。公式の名称はガザミであり、昨今では瀬戸内で有名なカニと語られています。
花咲ガニですが短期の水揚で(5月頃〜9月頭頃)、いわゆる旬の季節だけ限定の希少価値があるため、食べる機会が今まで一度もなかったという人も多いのでは。
高級感ある松葉ガニもジューシーな水ガニも、双方ズワイガニのオスという事が分かっています。かと言って、同じ様な甲羅のボリュームでも松葉ガニの販売価格は割高になっているのに、水ガニは割と割安と言えます。
昨今では良い評価でコクのあるワタリガニでありますから、信頼のカニ通販などでも注文が増加して、何処にいても食べることが実現できるようになりました。
皆さんはちらほら「本タラバ」と称される名前を雑誌などで読むことがあるはずですが、身が大ぶりの「本タラバ」は「本当のタラバガニ」という理由で「本タラバ」と名付けられているらしい。

獲ったときは濃い茶色の体をしているのですが、ボイルしたときに赤く色づき、それがまるで咲いた花のようになることで、花咲ガニの名前の由来になったと言う話があります。
新しいワタリガニは、漁を行っているエリアが自宅から遠い時には召し上がる事が出来ないため、オツな味を試したい貴方は、信用できるカニ通販でワタリガニを頼んで頂きたいと思います。
北海道で水揚げされた毛ガニは、輸入品と比較すると味覚が良くて後悔することは皆無でしょう。定価は少し高くても久し振りにお取り寄せして食べるのですから、絶妙な毛ガニを召し上がりたいと考えませんか。
タラバガニの値打ち品を通販購入できるところでは、傷や脚が折れているなどの問題があるものをスペシャルプライスで手に入るので、家庭用に買おうとしているならチョイスしてみる値打ちがあると言えます。
最近はカニ好きな人の間で特に「花咲ガニ」が関心をもたれています。この花咲ガニの8割くらいの産地であるあの根室市まで、美味しい花咲ガニを食べようというツアーの募集があるほどです。

ロシアからの輸入が驚いてしまいますが85%を有していると聞いています。あなたがリーズナブルなプライスでタラバガニを堪能する事が出来るのもロシアで捕獲されるタラバガニが多量だからだと言い切れます。
ボイル後配送された花咲ガニは二杯酢で、解凍後召し上がるのは絶対おすすめです。別の食べ方としては凍っていたものを溶かして、火をくぐらせて食するのも言葉に尽くせません。
概ねカニとなりますと身の部分を食べることをイメージしてしまいますが、ワタリガニなら爪や足の身以外に、たくさんある肩の身やカニミソを口にしますが、とにかく鮮度の良いメスの卵巣は良質です。
たった一度でも美味しい花咲ガニを食べてみたら、例えようのない濃厚な風味は忘れられないほどでしょう。旬の楽しみができてしまうことになりますよ。
夢のカニと言ってもいい旬の花咲ガニ。好きか嫌いかがはっきり出るあまりないカニですが、びびっときたならまず、実際に吟味してみることをおすすめします。