卵を保有している雌のワタリガニの方が、単純な雄よりも極上品です。若干、食べにくい胸の身や極上のミソの部分に関しては、雄と雌に思ったより差は感じないのだが、卵は上品で甘みがあります。
ファンも多いタラバガニがたじたじとなるほどの食べ応えと、タラバガニではない濃厚な味覚へのこだわりがある人には極め付けで満足していただけるのが、根室半島、別名花咲半島が産地の花咲ガニ、これで決まりです。
スーパーではなく蟹は通販という方法で買う人を見かけることが多くなりました。ズワイガニはよくても、毛蟹というのはほぼ毛ガニを扱っている通信販売で手に入れないと家庭で楽しむなどできません。
この花咲ガニの他と違う点は、水揚される花咲半島に豊潤に生い育つなんと昆布と関わりがあります。主食を昆布としている花咲ガニは、旨味を最大限にその身に備えているわけです。
ウェブ通信販売でも好みが分かれる旬のズワイガニとタラバガニ。どちらかだけなんて選ぶことができない。こうした食いしん坊さんには、二種類セットの販売品がいいようです。

たまに「がざみ」と呼んでいる活きの良いワタリガニは非常に上手に泳ぐことが知られていて、シーズンによって居場所を変更します。水温が落ち込むと甲羅がコチコチとなり、身に弾力の出る12月手前から5月手前までが旬と言われております。
今年は毛ガニを通販を利用して注文しようかなと思いついても「ボリューム」、「活きか・茹でか」などはどのようにして選別したらよいのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないですか。
活毛ガニは直接、浜に赴き、選別してから仕入れるものなので、コストも時間も負担になってきます。それだから通販店で活きた毛ガニを見かけることはほとんどの場合ないのです。
潮の干満差が大きい瀬戸内海でみんなが知っているカニが何かと言えば、ワタリガニのことで足の先がひれの形となっていたり、海を泳ぐ事が出来るためこの名前となっています。甲羅の全幅が13センチより小さければ水揚げを行う事が認められていません。
根室に代表される花咲ガニに着目すると主に北海道の東部で生息しており、なんと全国でも大変人気のある蟹です。ねっとりと濃厚な味わいが素晴らしく、浜ですぐにボイルされたほおばるとプリッと弾力のある肉質は逸品です。

ワタリガニと言ったら、甲羅が丈夫で身に重みを感じるものが比較する時の重要な点。塩ゆでしても美味いが、蒸してもいい味だ。身にコクがあるので、味噌汁にマッチすること請け合い。
日本全国・カニ通がハマっている希少な花咲ガニの格別な味は、深いコクと風味は他に類を見ないほどですが、一種独特と言える香りがあり、他のカニのものと比べると磯の香りと言うものが結構あります。
タラバガニのわけあり品を通販で販売している店では、綺麗とはいえないものを特価で取引されているので、自宅用に欲しいならお試しで頼む利点もあるのです。
茹でてある貴重な花咲ガニを解凍されたら二杯酢にて召し上がるのが一押しです。または解凍されたカニを、火で軽く炙り楽しむのも言葉に尽くせません。
概ね毛ガニは、甲羅の大きさが11〜13cm程普の幾分小さいカニで、漁獲が始められた時は紺色と類似的な褐色となっていますが、煮ることで美しい赤色に変化します。