カニの中でも花咲ガニは年間を通して獲れる時期が短く(夏の初めから終わり頃まで)、いわゆる獲れる旬だけの特殊な蟹のため、食べるチャンスがなかったという人も多いかもしれません。
ヤドカリの仲間のタラバガニは、味噌があるところは味わうものじゃないのです。毒気が混ざっていたり、細菌が増えてしまっていることも有り得るので避けることが必要となります。
市場に出回るタラバガニのほとんどはロシア原産で、全体的にベーリング海などに存在しており、水揚げで知られている稚内港に卸されて、その場所から様々な所へ配られて行くことになります。
水揚ほやほやのときは体は茶色なのが、ボイルしたときにぱっと赤くなるので、咲いている花のようになるのが原因で、花咲ガニ、となったとも言います。
「日本海産は良質」、「日本海産は味が違う」というイメージは否定できませんが、観光客が集まるカナダの沿岸海域、カニがたくさんとれるオホーツク海、台風のように荒れている事で有名なベーリング海もズワイガニからみた場合「生活しやすいエリア」となっています。

花咲ガニの特徴は、甲羅の周りにがっちりとトゲがとがっており、太めの脚は短めなのですが、凍てつく寒さの太平洋で鍛錬された引き締まり弾力がある身は汁気たっぷりです。
花咲ガニというカニは他種のカニと比較したら数がわずかばかりのため、漁期が7月、8月、9月のみで、それゆえに最も食べるのに適した旬と言うのが、9月から10月のひと月ととても短期です。
もし、ひとたび旬の花咲ガニを味わえば、他に引けをとらない食べ応えのあるその味にハマってしまうことはごく当たり前かもしれません。だから、好物ができてしまうことでしょう。
口に入れると非常に甘みのあるワタリガニの時節は、水温がダウンする晩秋から陽春にかけてだそうです。この時のメスは通常よりも旨いのでお歳暮などのギフトになっています。
姿はタラバガニ風花咲ガニは聊か小作りで、カニ肉としてはえびと間違うほどの風味があります。また、内子・外子はお好きなら格別の風味です。

敢えて言えば殻はそれほど厚くなく取扱いが簡単なのもおすすめポイントです。ワタリガニを購入した時には、是非とも茹でるか蒸すかして食してみると良いと思います。
短足でもがっちりとした体にぎっしりと身の詰まっている新鮮な花咲ガニの満足感は大きいです。価値の高いカニであるため通販でお取り寄せする場合は、花咲ガニ以外を買うよりも少し高いです。
プリプリのカニに目の色を変えるほど好きな日本人ですが、カニの中でもズワイガニは絶品だという方は多いのではないでしょうか。安く美味しいズワイガニの通販を選び抜いて発表します。
美味なタラバガニの選別の仕方は体外がとても強い種類や重みと厚さが感じられるタイプが山盛りの身が入っていると言われています。チャンスがあった時点で、比較すると良いでしょう。
景色が綺麗な瀬戸内海でよく捕れるカニとなれば、ワタリガニのことで足の先端部がひれの形となっていたり、海を泳ぎ抜くことからこの名が付けられているのです。甲羅幅が13センチより小さい物は水揚げを行う事が許されていません。