ワタリガニはいろんなメニューとして賞味することが期待できる大人気商品です。焼ガニにしたり、食が進むから揚げとか体を温めてくれる味噌汁も一押しです。
脚は短く、ごつい体にこれでもかと身の詰まっているコクのある花咲ガニの食べ応えは言葉にできません。非常に希少のため通販でお取り寄せする際は、花咲ガニ以外の価格より高くつきます。
水揚できる量の少なさのため、最近まで全国規模の流通はできなかったのですが、通販が普及したことで、北海道ではなくても花咲ガニを味わうチャンスが増えました。
おいしい花咲ガニですが漁期が短期間で(初夏〜晩夏)、いわゆる新鮮な旬の時期だけ口にできる希少価値があるため、今まで食べたことないという人も多いかも。
冬と言うとカニが絶妙な季節に間違いありませんが、山陰沿岸を生息地にしている松葉ガニに劣らないのが瀬戸内海沿岸の旨いワタリガニです。正確な名称はガザミと言われ、この頃では瀬戸内で高名なカニと聞いています。

時に「がざみ」と呼称される有名なワタリガニは泳ぐ事に慣れていて、時節次第で住処を変えるとのことです。水温が低下し強力な甲羅となり、身の入る晩秋の11月下旬から4月前後までが旬と言われております。
カニ通販の販売店はいろいろとあるのでしょうがきちんと探すと、希望に合う値段で高品質のタラバガニをお取寄せ可能な小売店も驚くほどあります。
ズワイガニとは、水深300m前後の深海で繁殖し、ふぐ料理が有名な山口県からカナダの近くまで至る所で捕獲される、でかくて食い応えのある食用カニだと言えます。
まだ水揚間もないうちは濃い茶色の体なのですが、ボイルしたときに赤く染まり、その様子が咲いた花みたいになるという事実から、名前が花咲ガニになったという話もございます。
人気の毛ガニを通信販売のサイトから手に入れたいと考えても「大きさ・形」、「活き毛ガニ・茹で毛ガニ」の項目はどうやって選定するのかわかりにくいという方もいるのではないでしょうか。

花咲ガニ、これは他のカニを見ても数がわずかばかりのため、漁猟のできる期間がたった3ヶ月程度(7月〜9月)で、そのこともあって味わうならこのとき、というのが9月から10月にかけてと非常に短いです。
卵も食べられる雌のワタリガニの方が、何でもない雄よりも高級品です。胸の身のところやミソの部分にあたっては、雄と雌にさほどの違いは感じ取れませんが、卵は最高で絶品です。
通販のサイトでも好みが分かれる風味の違うズワイガニとタラバガニ。どっちかひとつだけなんてチョイスできない。そんなふうな迷っている人には、二種類セットの企画品もいいですよ。
最近はカニファンの間で「花咲ガニ」という蟹が話題になっています。おおよそ8割もの花咲ガニを水揚する北海道の根室まで出向いて、絶品の花咲ガニを満喫しちゃおうというツアー企画があるほどです。
この数年は好きな人も増え、ネットショップの通販で見た目が悪いだけなどのタラバガニを様々なショップで購入できるので、家にいながらぷりぷりのタラバガニを堪能することもできるのです。